アラキドン酸2-agとは
痛覚低下,記憶障害,幻覚

アラキドン酸2-agとは

アラキドン酸2-agの説明をする前に、まず、大麻に含有するカンナビノイドについて理解しておく必要があります。
日本では大麻の使用はみなさんご存知の通り、大麻取締法、覚醒剤取締法によって禁止されています。
時間空間や空間感覚を混乱させ、幸福感の増強、痛覚低下、記憶障害、幻覚などの精神神経反応を起こすことでも知られていますが、海外では鎮痛作用を医療分野に利用しているところもあります。

さてではこのカンナビノイドとアラキドン酸2-agにどのような関連性があるのかというと、内因性カンナビノイドについて、関係があるのです。
アラキドン酸2-agは内因性カンナビノイドであり、この仲間にはアラキドン酸http://xn--cckway3f5c6el3e1764j.osaka.jp/とエタノールアミンが結合することによって出来るアナンダマイド、そしてアラキドン酸2-agなどがあります。

このアラキドン酸2-gaが注目されているのは、大麻などの強い副作用と伴う成分とは違い、鎮痛やシナプスに関連する作用があるため注目されているのです。
アラキドン酸2-agの研究が進めば、逆行性伝達物質として働くアラキドン酸2-agを活用し、神経伝達物質の放出や抑制などを医療分野などに活かせるのではないかと中も抗されているのです。
大麻などと同様・・・というと、非常に危険性の高いものと認識される方も多いのですが、そうではなく、これから様々な分野に利用できる可能性を秘めた物質であると言えます。
アラキドン酸は食べ物からも摂取できますが、サプリメントでアラキドン酸を摂取するのもおすすめです。